えごま

野向点描 第31作 麦秋早朝

野向点描   第31作  麦秋早朝

 

 

杜の鎮守に   陽光照らし

芒(のぎ)の先々  輝き生じ

頭上の雲雀   叫ぶ子燕

覚めぬ心に   覚醒招き

 

 

早朝、地域の神社の杉林の上から、朝日がまぶしく差し込んでいました。

辺りは、まさに麦秋の候。刈り入れ間近の麦の穂先一つ一つまで光り輝き、

神々しさまでも感じられました。

空には雲雀が気持ちよさそうに囀り、燕のひなたちが巣の中で、精いっぱいの声を張り上げ

親に餌をおねだりしています。

心も体も起きたばかりのまだ覚めやらぬ私が、新たな一日のスタートのエネルギーを

頂いた瞬間でもありました。

 

最近の投稿

コメントを残す

*