えごま

野向点描 第14作 小春立冬

4行詩   第14作  小春立冬

 

小春日和に   枯葉の揺れて

庭に縄網(なわも)の  木々の居並ぶ

移ろう季節(とき)は  止まるを知らず

委(ま)かす我が身も  共に流れて

 

11月7日は立冬です。のむき風の郷周辺の地域では、この時期から冬支度が始まります。まずは、庭の木々に縄で雪つりを始め

やがて家の周りへと、雪囲いを作っていきます。小春日和の穏やかな日が、冬の雪への準備期間として、とても大切な時間と

なります。厳しい冬を乗り切るための先人たちからの知恵を引き継ぎながら、厳しさを受け入れる柔軟な心持ちが、長い冬を乗り切っていく、この地域の人々の知恵なのかもしれません。

 

最近の投稿

コメントを残す

*