えごま

野向点描 第10作 白露重陽

9月7日は「白露」、9月9日は「重陽の節句」。のむきの里にも秋の訪れを感じる季節となりました。

稲刈りの終わった田にはシラサギが舞い降り、エサを探しています。地元の小学生がサツマイモの収穫体験に

のむき風の郷の畑にやって来ました。お店では、元気なお年寄り数人が、楽しそうに話に花を咲かせています。

日本の原風景の一コマです。

 

4行詩   第10作  白露重陽

 

碧く澄たる   空にすじ雲

稲の切り株   白鷺 三羽

芋堀り子らの   瞳 輝き

老婆 話に   咲くや野の菊

 

最近の投稿

コメントを残す

*