えごま

野向点描 4行詩 第6作 麦秋讃歌

のむき風の郷の周辺の圃場は、今は「麦秋」の季節です。刈り取り前の圃場は黄金色に一面染まり、初夏の日差しを受けてキラキラ輝いて見えます。

のむき風の郷に出荷される地場産野菜も、ワラビ等の山菜が「ふき」に代わり、タマネギやキャベツ、レタス、サラダ菜などの露地物野菜が出荷されています。季節が春から夏へ、のむき風の郷の中でも感じることができます。

今の季節は、二十四節気の「芒種」 かつては田植えをする時期に当たるのですが、現在はすでに田植えは終わり、私達野向町では、たくさんの人がエゴマの種を蒔き始めます。

さて、今回の野向点描 4行詩 第6作は麦秋の風景からの作品です。

4行詩   第6作 麦秋讃歌

蝶々 重なり   牡丹は揺れる

雲雀さえずり  雉子は轟(とどろ)く

麦秋謳歌(おうか)  喜び溢(あふ)れ

ざわめく風に  和して唱じて

 

最近の投稿

コメントを残す

*