えごま

野向雨情  野向点描 第5作

 

のむき風の郷の所在地は、勝山市野向町ですが、この直売所の近くに「比良野」家があります。この比良野家は

江戸時代の庄屋さんのお宅で、家の門や離れが勝山市の文化財に指定されています。

雨に濡れた離れの建物から、第5作 野向雨情という4行詩を作りました。

 

野向点描 4行詩 第5作 野向雨情

 

古(いにしえ)醸(かも)す  苔むす庭の

離れ石垣  五月雨(さみだれ)雫(しずく)

草木を生かす  天(そら)の御心(みこころ)

吾にも恵み  慈雨(じう)にて注ぎ

 

 

最近の投稿

コメントを残す

*