えごま

小満散歩‼ 野向点描 第4作

のむき風の郷周辺の野山は、もうすっかり深緑。田植えもそろそろ終わり、もうすぐ麦秋を迎えます。

初夏の暑い日陽ざしを受け、黄金色に輝く麦畑が、間もなくのむき風の郷周辺の圃場で見られます。

のむき風の郷には、ワラビやコシアブラの山菜から、ふきなどの山菜に変わり、レタスなどの露地栽培の野菜などが

たくさん出荷されるようになりました。季節は「小満」の頃。作物が実をつけ、花々が綺麗に咲き揃っています。

そんな中、子供たちのお出かけ風景に出会いました。そんな出会いを4行詩にしてみました。

 

野向点描 小満散歩 4行詩 第4作

童(わらべ)会話に   燕が応え

握る手に手と  心も弾む

実る果実に   行く末重ね

辺り小満   豊かに育ち

 

最近の投稿

コメントを残す

*